【レポート】推しとビデオ電話できる!トークポートを使ってみた<予約編>

  • URLをコピーしました!

アイドルの中には、ファンと接触できるイベントを行っているグループが存在します。

そんなイベントに使われているアプリが、今回レポートするトークポートです。

トークポートを使った特典会を行っているのはジャニーズのような大手事務所所属のグループではなく、ご当地アイドルなどニッチなところで一定の人気を獲得しているグループに多いです。

今回初めてトークポートを使い、推しとのトークを予約してみましたので、その様子をレポートしていきます。

もくじ

予約の手順

1.イベントごとの予約専用ページで予約開始日などを確認する

トークポートはイベントを検索できるような機能はなく、主催者が用意したウェブページから予約するシステムになっています。

TwitterやInstagramのアカウントを運営しているアイドルなら、そこでお知らせがあったりします。

今回は、”Wonder Wheel”というイベントの特典会として企画されたものに申し込みました。

告知から予約開始まで数日あくことが多いと思いますので、まずは専用ページで予約開始日・時間を確認しましょう。

また、トークポートは、ポイントでトークを購入するシステムになっており、ポイントを購入し、そのポイントでトークを買います(予約前にポイントをあらかじめ買っておく必要はないです)。

今回は1分40ポイントのトークに申し込みましたが、1ポイント=100円なので、換算すると1分4000円でした。

ここでアクセスした予約専用ページは予約当日も使うので、ブックマークしてすぐにアクセスできるようにしておきましょう。

2.トークポートに会員登録し、アカウント設定をする

予約に先立って、こちらのページの「ユーザーの方」から会員登録をしておきます。

登録し終えたら氏名や住所、支払い情報(クレジットカード)をあらかじめ設定しておくと、予約がスムーズに行えるのでやっておくことをおすすめします。

これで、事前の準備は完了です。

3.いざ、予約!

予約開始時間になったら、1.でアクセスしたウェブページへ行き、希望の日時などを選択します。

選択すると仮押さえ状態になり、数分以内に決済すれば焦らなくとも他の人に取られる心配はないようです。

このシステムは非常にありがたいです!

ここで、「必要なポイントが足りないため、ポイントを購入いただく必要があります。」と表示されますが、そのまま「同意して予約する」を選択すると登録しておいたクレジットカードからポイントが購入され、決済できます。

4.トークポートアプリをダウンロードする

アプリはAppleStoreもしくはGooglePlayでそれぞれインストール可能です。

インストールするためには、iOS11以上のiPhone端末もしくはAndroid5以上のAndroid端末が必要なようです。

5.ログインし、予約を確認する

ログインし、予約したトークが表示されるのを確認できたら、あとは当日を待つのみです。

以上がトークの予約方法になります。
当日焦らないよう、こちらで流れを確認しておくと良さそうです。

トークを終えての振り返りも記事にしていますので、あわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる